スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

flower festival in san francisco 2013

2013.07.01 (Mon)
今日はゲイパレードの日 サンフランシスコのもっとも大きなイベントの一つ
うちの店から車で5分も行けば パレードのメインストリート
最近 同性愛者の結婚がOKになり 今年は特に盛り上がるだろうなぁ と思う

この街の好きなところ
’多種多様性 ’

白 黒 黄色はもちろん ゲイ レズビアン 金持ち ホームレス
いろいろ 問題を抱えながらも それなりにやっている

’解決’ もしくは’受け入れよう’という 空気が街のところどころに見え隠れする

そして ある意味 ’あきらめ’も
ネガティブな’あきらめ’じゃなくって
自分のネガティブさを 切り捨てる意味での ’あきらめ’
 
じゃなきゃ 足が止まってしまう

数日前から 街の市役所もお祝い気分
虹の七色は 多種多様性 同性愛者のしるし
たぶん 彼らだけのものではない気がする

largest_convert_20130701025640.jpg

お店を閉めた後 毎日 この建物の前を通る
クリスマスには赤と緑だったりと すこし 楽しい気分になる

ii_convert_20130701025818.jpg

話を少し変えて 花のこと

3年ほど前 ある大きな黒人の人がお店に入ってきた
大きな体に反して 動きはとてもゆっくりしていて 
とても丁寧に お店のデザインを見ていた

その頃 ミニマムなデザインに凝っていた
限られたスペースにどこまで ディテールにこだわって
それをデザインに落としこめるか? といったもの 
ピンセットやアクアリウム用の柄の長い変わったハサミなどを使って
いろいろ 制作していた

その後も 彼は時々 お店に現れては ちょこっとしたものを買って行ってくれた

何回かの来店の後 彼は僕に大きな作品は作りたいか と聞いてきた
そのあと ある花のイベントについて話し始めた

彼はある教会のディレクターだった
年に一度 その教会では花のイベントをしていて
そこに 招待してくれるとのこと
もちろん それにかかる費用も出してくれるとのこと

654811_convert_20130701022310.jpg

とてもモダンな造り 始めてみた時 これが教会??と思った
規模も大きく 何度か中で 迷子になった

ceil-cross_convert_20130701022355.jpg

中に入って 上を見上げると 外からの光でクロスが見える
ここの天井は 恐ろしく高い
そして とても美しい 
 
うちのような名もない花屋に こんな機会をくれたDougに 今でも心から感謝

写真は2011年の時のもの
この教会にはキリストの生誕から復活までを描いた彫刻が10枚弱 飾ってある
教会から選ばれたフローリストは 各一枚 自分の担当を与えられ
その意味を 理解したうえで装飾をおこなう というもの
これは 出エジプト を示している

サンキライや 枝を使い うちから外の世界へ

1,2

これは 去年 2012年のもの
イエスを身ごもった時のもの

ワイヤ―で丸い球体を作り
その中で 新しい命をイメージ

548558_477466455609087_1068637197_n_convert_20130701022201.jpg


545522_477466392275760_952905338_n_convert_20130701022031.jpg

数日前 Dougさんからお店に電話があった
今年も参加しませんか? というお話し
とても 嬉しいし 感謝

詳しいインフォはもうすぐ 
UPとのこと( http://www.cathedralflowers.org/schedule.htm )

ここに来て4年 過ぎたけど
色々な出会いとチャンスに感謝 

足が止まらないように ステップを

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。