スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yamaha virago

2018.02.14 (Wed)
オートバイの話
以前 日本に住んでいた時 緑のビラーゴ400というバイクに乗っていました。
古いバイクで 1987年に作られた とても良いバイクでした。

少しずつ 自分でカスタムしていました。
90年代 東京 上野で幅をきかせていた コーリンさん(今はもうありません)や
杉並のイージーライダースさん、そして高円寺のラディカルさん(ここももうありません)でパーツを買ったり 作ってもらったりしていました。

20180214020421adc.jpg

当時 フロントを寝かせ リアをショートサスペンションにしていたので
少しの道のギャップでも マフラーを擦っていました。

201802140204207fb.jpg

そこで ラディカルさんに頼んで マフラーの取り回しを変えてもらいました。
ここのお店 なかなかセンスは良いのですが
イマイチ お客さんに対してルーズだった記憶があります。
バイクを預けたのは良いが いつまでたっても終わらず。
そして バイクも帰らず。半年以上 音沙汰なく…
店も閉まっていることが多く 終いには
お店に張り紙をして" バイクを返せ" なんて
今考えると 恥ずかしくなるようなことをしていました。
その甲斐あって?やっと返してもらった記憶があります。
結果的には 思った通りのマフラーが上がってきたので
結果オーライでしたが。

その後 このバイクを渡米の際 カルフォルニアに と考え
いくつかの運送会社に相談するも みんな無理だという始末…

迷った挙句 昔の上司 であり友人でもある M氏に譲る事に。
彼が数年 乗った後 緑のビラーゴは再び 僕の実家に帰ってきました。

僕は僕はで 同じバイクで 西海岸を流すんだ というベタなプランを進めるべく
同じモデルをアメリカで探す事に。
数年かけ 個人売買で同じ1987モデルを発見。
色とハンドル形状の違いのみ。即 購入。 で 動くように修理。

そして ここから第二のプラン スタート。
日本に一時帰国した際 少しずつ実家にあるバイクの部品を取り、
アメリカに持ち帰る。 で 今のバイクに付けていく。

201802140208110c5.jpg

数年前に一時帰国した際に ラディカルさんのマフラーやミニヘッドライト、
それに細かいボルト類などを回収。 で 取り付け。

20180214020814f86.jpg

本来はローダウンの部品を最初にするべきでしたが
ここはカルフォルニア。
道路事情から考えると ローダウンは少し 危険な感じが。
ノーマルサスで安全確保を現段階では優先。

古いバイクなので無茶なことはせず 大切に乗っていかないと
と壊れるたびに 感じています。
3歩進んで2歩下がる、いや 2歩進んで2歩下がる 
と言った  "現状維持" のバイクライフです。

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。