お店を続けるには

2020.01.01 (Wed)
サンフランシスコでお店を再開して10年近く経ちます。
早いです。本当に。あっという間。

もうすぐ 2019年も終わるので
今年 一番気になり 難しかった事を
反省も兼ねて 書いてみようと思います。

“花屋 植物屋” をお店(ハコ) という形で を続けていくには 
大まかに言って 僕の中では3つ 必要な事があると思います。

一つ目は 知識や感性。デザインを使ってお客さんにそれを伝える力。
もし 自分のやっている事が 本当に好きならば 
確かに苦労もあるかもしれないけど これは とても楽しい作業だと思います。
僕の中では この事は 仕事 というより 生活そのものになっています。
目に入るモノや景色と 植物を使ったデザインが
どういった形で繋がるか もしくは繋げられるか いつも考えています。
家でも お店でも 市場でも 近くのカフェでも。
これはほとんど 病気 の様なモノです。
仕事とプライベートを分けれない 理由はそこにあると思います。
それを 良しとするか否かは 人それぞれですが。。。

2つ目は 経理。つまりお金の回し方や 割り振り。
この辺は好き嫌い が あると思います。
でも 嫌いであってもきっちりやっておかないと
本当に色々なトラブルが出てきて ストレスになります。

好きな事をストレスなく続ける為には ここはクリアーに。

そして3つ目は コミュニケーション。外との繋がりです。
個人的には SNS ほぼ興味 ありません。
ここで言う コミュニケーションとは “face to face”
つまり 直接的 なコミュニケーションです。
農家の人であったり 問屋さんであったり お客さんであったり。

なんだか長い前振り になってしまいましたが
ここ数年 最も難しいと考えているのが
お客さんとのコミュニケーション です。

もうすぐで 年が明けてしまうので 続きはまた明日書く事にします。
“今年の反省“ の予定が ”2020年の抱負“ に変わってしまいそうですが。。。










back-to-top